ミヤマウズラのセルフ受粉 (Goodyera schlechtendaliana)



葉の模様が美しいミヤマウズラ、実は花もとても美しいです。




そんな綺麗なミヤマウズラですが、セルフ受粉に挑戦します。

※花を分解するので、苦手な方は見ないでください。


まず、私の場合鉢を倒します。その方が安定し、やりやすいです。




各部位に、名前があるのですが、あまり難しい記事にしたくないので、簡単に表現します。




まず、下の花弁を剥がします。




こっち側も剥がします。




すると少しコンパクトになります。




まだまだ剥がします。(私の場合、上から)




上を剥がしたら、このようになります。ちょっと、黄色っぽい茶色っぽい部分が見えるとオッケーです。その部分に花粉があります。




次に下側も剥がします。




ここまでは、写真で見るよりスラスラっといけると思います。

ピンセットで指し示した部分(雌しべ)に花粉をくっつける訳です。(場所を覚えといて下さい。)

一日ほど早かったのでテカテカしてないですが、ベストタイミングで分解するとテカテカしています。(下のフサはテカテカしていますね)




雌しべの位置を覚えたら、次は花粉の取り出しです。

この茶色い部分をピンセットで摘んで引っ張ると簡単に取れます。




ポロっ




花粉の塊です。本当に小さいので呼吸などの風に注意してください。




いいタイミングならば、既に花粉が吹いていると思います。(私は少し早かったw)


この花粉塊をピンセットで少し潰して、テカテカした部分にくっつけます。




確率を上げる為、ほかの雌しべにもくっつけますw




これで、ミヤマウズラ のセルフ受粉は完了です。

成功していると数日経つと段々と、だんだんとフサが膨らんでその中に種子を作り始めます。


ただ、蘭の場合、少し特殊な発芽形態ですので、そのまま播種しても殆どの場合、発芽しないです。

その事については後日、また記事に出来ればと思います。